MATSUYAMAMATSUYAMA

短く働く、長く働く

一見矛盾する働き方に、松山油脂ではこの4月から取り組んでいます。「働き方プロジェクト(WORK2020)」を始動したのです。これまでも、育児中の短時間勤務は行なってきました。WORK2020では、フレックス・コアタイム制を導入。また、正社員であっても、最少週30時間勤務を可能にするなど、私たちにとっては新しい仕組みを取り入れ、多様な働き方を選べるようにしました。残業時間もゼロに近づけることが目標です。1日に働く時間をできるだけ短くする――短く働くことによって生まれる新たな時間。家族と団らんのひとときを過ごすのもよい。ボランティアに参加するのもよい。習い事をしても、映画を見に行ってもよい。もちろん、仕事に関連する学びに使っても構いません。充実した時間を過ごし(インプット)、よいモノづくり(アウトプット)をする。ひとりひとりが前向きな、ゆとりのある毎日を過ごすことは、仕事の現場に必ず活きると信じています。

もうひとつ、「長く働く」というのは、希望すれば長い年数働けるということです。一般的に、外からの情報を獲得して対処する能力(流動性知能)は、40歳でピークを迎えるといいます。一方、内なる知識や経験を生かして総合的に判断する能力(結晶化知能)は、60歳になっても上昇するといわれています。いくつになっても仕事を続けたい。製品が好きだから、ひとりでも多くの人に使ってほしい。常に目標を掲げて、それに向かって努力をしたい、自分を磨きたい。そう思える環境を整えるため、定年を60歳から65歳に引き上げると同時に、社内のキャリア制度も新たに構築しました。

少子高齢化の時代において、働き方の改善・改革に対する社会全体の取り組みは、日進月歩です。他方、私たちのような規模の会社では、新たな仕組みの導入が進んでいないというのが実情ではないかと思います。私たちは、その先鞭をつけたい。「仕事・家庭・個」のバランスをよりよく保つ。働きがいをもち、社会のなかにあって価値のある仕事をする。働き方の改革は、私たちひとりひとりの心の改革でもあると考えています。

WORK2020の概要(PDF)

backtotop