MATSUYAMAMATSUYAMA

原料・成分について

よくあるご質問

スキンケア

原料・成分について

製品に配合されている原料、成分のこと。

  • Q:「M-mark日焼け止めローション」「ミレニアム・マザーモイストサンスクリーン」に入っている酸化チタン・酸化亜鉛の粒子の大きさを教えてください。 A: 「M-mark日焼け止めローション」に配合している酸化チタンの粒子の大きさは15nm、「ミレニアム・マザーモイストサンスクリーン」に配合している酸化チタンの粒子の大きさは10nmと160nm、酸化亜鉛の粒子の大きさは25nmです。なお、ナノマテリアルの定義は様々な議論があり、現時点では、すべての分野で共通した認識はないと思われます。一方、化粧品分野では、現在は日本化粧品工業連合会が、大きさが100nm以下の物質を、ナノマテリアルと呼んでいます。その観点では、松山油脂で使用している酸化チタン・酸化亜鉛のほとんどが、ナノマテリアル(ナノサイズ)に分類されます。
  • Q:「M-mark日焼け止めローション」「ミレニアム・マザーモイストサンスクリーン」に入っている酸化チタン・酸化亜鉛はコーティングされたものですか?また、コーティング剤は何ですか? A: 「M-mark日焼け止めローション」「ミレニアム・マザーモイストサンスクリーン」に入っている酸化チタン・酸化亜鉛はコーティングされたものです。「M-mark日焼け止めローション」に入っている酸化チタンのコーティング剤は、水酸化Alとステアリン酸です。「ミレニアム・マザーモイストサンスクリーン」に入っている酸化チタンのコーティング剤は、水酸化Alとイソステアリン酸です。酸化亜鉛のコーティング剤は、ステアリン酸です。
  • Q:ミレニアム・マザー・シリーズのスキンケアに配合されている「オレンジ花水」とは何ですか? A: オレンジの花から精油を水蒸気蒸留するとき、精油のほかに精油分が微量に溶け込んでいる蒸留水が得られます。これがオレンジのフローラルウォーター(オレンジ花水)です。オレンジ花水は、精油より作用がおだやかで、ミレニアム・マザー・シリーズのスキンケア センシティブラインの賦香成分として配合しています。
  • Q:ミレニアム・マザー・シリーズに配合しているオーガニック精油は何かの認定を受けたものですか? A: 精油はすべて、フランスのオーガニックの認証機関の認証を受けたものです。フランスの原料メーカーから当社が直接「化粧品原料」として輸入し、製品に配合しています。
  • Q:ミレニアム・マザー・シリーズにオーガニック精油を使用しているのはどうしてですか? A: 3年間、農薬も化学肥料も使われていない土壌で栽培される。さらに、栽培中にも農薬・化学肥料が使われない。これらを立証できることが、オーガニック精油としての認証を受けるための基本的な前提です。松山油脂では、これまでにも精油を配合した製品を製造販売してきましたが、それらの精油については、とくに」オーガニック」であることを指定してはおりません。これは、原料の栽培地では農薬などが使用されていなくても、隣接する農地などでは農薬が使用されている可能性があること、また、農薬の影響がないということを証明することが誠に困難であるためです。さらに、原料植物の供給の安定性と、製品価格の点も考慮しています。オーガニックの認定を受けていない精油に、万一農薬が残留・付着していたとしても、原料の抽出・精製段階で除去されます。また、松山油脂で使用している原料はすべて、日本、および各国において、化粧品原料としての安全性の規格に合格したものです。ミレニアム・マザー・シリーズは、製品そのものの安全性や環境性はもちろん、使用原料が製造される背景についても、従来より意識を向けた製品開発を目指しています。このことから、まずは精油から、無農薬・無化学肥料(オーガニック)のものを採用しました。
backtotop