MATSUYAMAMATSUYAMA

製法について

よくあるご質問

ボディケア

製法について

製品のつくり方や、製法による製品の特長。

  • Q:釜焚き製法とは何のことですか。 A: 石けんのつくり方のことです。釜で石けんを焚き上げることから「釜焚き製法」、または「鹸化塩析法」とも呼ばれます。精製した原料油脂を釜に仕込み、 加熱撹拌しながら苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)水溶液を加えていくと、油脂が脂肪酸とグリセリンに分かれます。脂肪酸は苛性ソーダと化合して脂肪酸ナト リウム(石けん)になります。これが「鹸化(けんか)」という工程です。次に塩を加えると、釜の中の液は分離して、下層部には石けん分以外の成分が塩とともに沈み、上層部には石けん分が浮上します(この工程を「塩析えんせき」といいます)。塩析を繰り返し、純度の高い石けん(石けん素地)に仕上げます。 釜焚き製法は、古くから行われてきた石けんのつくり方です。
    釜焚き製法
  • Q:釜焚き製法でつくった石けんの特長を教えてください。 A: 原料の天然油脂がもともともっている天然保湿成分グリセリンが、石けん素地のなかにほどよく残っていることです。肌を保護している皮脂膜を取り過ぎることがなく、洗浄後のつっぱり感や乾燥を軽減します。また、洗浄成分は石けん分のみで、すすいでしまえば、汚れや老廃物だけでなく洗浄成分も肌に一切残りません。何度すすいでも肌がぬるぬるする、ということがない、さっぱりとした洗い上がりになります。
  • Q:「機械練り製法」と「枠練り製法」の違いを教えてください。 A: 機械練り製法の石けんは、汲み上げた石けん素地を機械を使って短時間で乾燥・混合・練成して仕上げます。一方の枠練り石けんは、液状の石けんを枠に流し込み、冷やし固めて裁断してから、最長で60日間ほど乾燥させて仕上げます。機械練り石けんには、やや割れやすく溶けやすいという性質がありますが、安価でご提供できる利点があります。枠練り石けんは、乾燥・熟成期間中に水分などが揮発して結晶が密になるので、割れにくく、溶けくずれしにくい石けんになります。とくに透明石けんは、乾燥・熟成期間中に硬い石けんに変わり透明度が高まっていきます。
    機械練り製法枠練り製法
backtotop