MATSUYAMAMATSUYAMA

松山油脂のモノづくり

松山油脂は、1908年、雑貨商として創業し、戦後すぐに石けんをつくりはじめました。当時の石けんは、「汚れが落ちればいい」「泡さえ立てばなんでもいい」というものだったようです。それから50年後の1995年、初めての自社ブランド「Mマークシリーズ」を発売しました。以来、油脂鹸化法(釜焚き製法)と脂肪酸中和法(透明石けんの製法)をコア技術としたモノづくりを続けています。泡立ちのよいボディソープ、地肌を清潔にするシャンプー、素肌を守る化粧水やクリーム。固形石けんにとどまらず、お客様の潜在的な期待に応えて、製品やブランドを拡充してきました。私たちの製品は、「肌に合うか」「刺激はないか」と、お客様が悩みながら選ぶものです。だから、洗浄料はすっきりと洗い流せて肌に残りません。スキンケアは肌に欠かせないものだけ、過不足がありません。洗うこと(WASH)と潤すこと(CARE)はいつもひとつ。私たちはそれを提供するウオッシュ&ケアカンパニーとして、お客様にとって新たなる価値を創造していきます。

安全性と環境性、そして有用性のバランスのとれたモノづくり。 安全性と環境性、そして有用性のバランスのとれたモノづくり。

デイリープロダクト(日常品)に求められる品質とは何か。私たち松山油脂は、安全性と環境性、そして有用性のバランスを満たすことだと考えています。有用性をしっかり保ちながら、安全性が高く、自然環境にも配慮した製品。そして、毎日使うたびに楽しくなるような心地よいデザインと、安心して使える価格。これらを満たす製品を企画・開発・製造してお客様のお手元に届けることが、私たちの仕事であると考えます。同時に私たちは、「自分が使いたい」「家族に胸を張って『自分がつくった』と言える製品をつくりたい」という気持ちも大切にしています。その気持ちは、確かな品質の製品として具現化しています。

backtotop