MATSUYAMAMATSUYAMA

メッセージ

メッセージ

人を思い、モノをつくる

松山油脂の富士河口湖工場は富士山の二合目、森の香り・フィトンチッドが辺りを包むアカマツ林のなかにあります。8%の緩やかな勾配の傾斜地をそのまま活用した設計で、斜面に沿ってレイアウトした建物は、森にすっかり溶け込みました。外からの騒音もなく、鳥のさえずりさえ聞こえるかのような静かな環境のもと、スタッフは黙々と仕事に取り組んでいます。手元に集中してはいるけれど、同時進行で考えているのは、常に自分の向こう側。「どうすれば次の人が仕事をしやすいか」ということです。製造途中の半製品を、バトンのように手渡しながら進むモノづくりは、まさにリレー。バトンは最後に完成品となってお客様に届けられる――その意識はよい緊張感となり、仕事へと生かされます。

すべては水から始まる
すべては水から始まる

富士山の雨水と雪解け水は、特有の玄武岩の層に少しずつゆっくりと浸透していきます。その後10年から20年をかけて地層のフィルターを通り、伏流水として湧き出るのです。松山油脂がきれいな水を探し求めて辿り着いたのも、富士山の北の麓。国立公園の地域内にあり、水が豊富で清らかな山梨県富士河口湖町でした。富士河口湖工場の上水も、富士山の伏流水を源とする深井戸の天然水。地下200mからくみ上げ、軟水または精製水にして製品に使用しています。

backtotop