スタートはひとつの出会い
モモ果汁発酵液の開発

私たち松山油脂では、肌を「内側と外側」の両面からすこやかにする植物について研究し、栽培と原料への展開を進めています。その一環として、松山油脂富士北麓ラボラトリー(山梨県)で研究開発を進めたモモ果汁発酵液に、角質層の水分保持効果とキメ・毛穴の改善効果があることを見出しました。

2017年秋、私たちは山梨大学から酵母を用いた技術供与の提案を受けました。これは、地球温暖化抑制に有効と考えられているバイオ燃料のもととなる油脂開発の研究技術で、山梨県産のモモ果汁を原料にしていることも特長でした。山梨大学は、松山油脂の「安全性と環境性、そして有用性のバランスを満たすモノづくり」に共感し、「松山油脂ならば」と、この技術とそれに携わる長沼孝文博士を紹介してくれました。長沼博士は、微生物研究を通して環境問題や社会貢献に取り組んでおられます。長沼研究室では、モモ果汁に含まれる糖を分解する(発酵)過程で、油脂と多糖類を効率的に産生するリポミセス酵母の一種を見つけ出し、人工的に生育・増殖させるシステムの確立に成功していました。

松山油脂では、富士河口湖工場のほど近くに、新たに「富士北麓ラボラトリー」を設立。長沼研究室から、技術と機器の供与を受けました。リポミセス酵母は、油脂を体内に蓄積すると同時に多糖類を産生します。松山油脂では、それらを化粧品原料にすることに挑戦したのです。現時点では、油脂は生産量が乏しく化粧品原料とすることが困難なのですが、多糖類を含む果汁発酵液(以下、発酵液)の有用性を発見するに至りました・・・さらに詳しく