MATSUYAMAMATSUYAMA

WHAT'S NEW

Information News

2013年10月22日 瓦礫を活かす 森の長城プロジェクトに参加しました

瓦礫を活かす 森の長城プロジェクトに参加しました

2013年10月22日

私たち松山油脂は10月6日(日)福島県南相馬市で行なわれた、「鎮魂の森 南相馬市復興市民植樹祭」に有志で参加、苗木の植樹を行ないました。森の長城プロジェクトとは300kmの沿岸に、津波からいのちを守る森の防潮堤を築くため、震災で出た瓦礫を使って土地本来の樹種を植樹して森をつくるプロジェクト。今回植樹した苗木は15年から20年ほどで、いのちを守る森へと育つそう。植樹した苗木には「希望の木札」を添えました。すくすくと大きな木に育って、いのちを守る森となることを心から願っています。

私たち松山油脂は10月6日(日)福島県南相馬市で行なわれた、「鎮魂の森 南相馬市復興市民植樹祭」に有志で参加、苗木の植樹を行ないました。森の長城プロジェクトとは300kmの沿岸に、津波からいのちを守る森の防潮堤を築くため、震災で出た瓦礫を使って土地本来の樹種を植樹して森をつくるプロジェクト。今回植樹した苗木は15年から20年ほどで、いのちを守る森へと育つそう。植樹した苗木には「希望の木札」を添えました。すくすくと大きな木に育って、いのちを守る森となることを心から願っています。

backtotop