わたしのイチオシ

2021.09.22

Alternative
マイルドクレンズ

営業企画部 ヴィラニエミ エリー

敏感肌がたどり着いた洗顔料

Q. どんなところがイチオシですか。

ヴィラニエミ :

私の肌はとても敏感で乾燥しやすいんです。日本に来てからも、とにかくマイルドな洗顔料を探していました。なかなか見つからなくて、母国に帰るたびに、私でも使える洗顔料(大きなボトルを4本)を買って日本に戻ってきていたほどです。石けんは刺激こそ感じませんが、私の肌にとっては脱脂力が強いようで、洗顔後、すぐに化粧水をつけたくなります。ほかの洗浄料の場合はもっと反応しやすく、肌の潤いをすべて吸い取られてしまったような、パサパサした、極端に言うと紙のような洗い上がりになってしまいます。

 

ですので、「オルタナティブ マイルドクレンズ」を使った時はとてもうれしかったです。まず、使い心地が母国の洗顔料にとてもよく似ていました。しっとりしていて、潤いが残っているように感じられたのです。それからずっと使い続けていますが、メイクはきれいに落ちているし、汚れが残っているようにも、毛穴が詰まったようにも感じられません。

 

私は日本の温泉が好きで、以前はよく行っていました。けれど、アメニティの洗顔料はやはり肌に合わないことが多く、かといってスキンケア一式を持っていくのも荷物になり、わずらわしさを感じていました。「マイルドクレンズ」を使うようになってからは、そこも変わりました。朝の洗顔も夜のメイク落としも、「マイルドクレンズ」1本で済んでしまうからです。それと、オルタナティブの「エモリエントミルク」を持って行けば、旅行先でも手抜きなく、スキンケアが完了します。

Q. 普段はどんな仕事をしていますか。

ヴィラニエミ :

営業企画部に所属し、中国・香港・シンガポール向けの海外業務を担当しています。具体的には販促企画の立案、公式SNSアカウントのコンテンツ作成、新製品の紹介などです。現地店舗スタッフの勉強会や店舗内サンプリング企画などもしています。中国はすべてEC店舗で、テスターなどで製品をお試しいただくことができません。製品のよさをわかっていただくためにどう説明するか、どんな画像を選ぶか、毎回チャレンジのような気持ちで取り組んでいます。

Q. 仕事をするうえで大切にしていることを教えてください。

ヴィラニエミ :

意見を述べることです。自分の意見を相手に伝えることで、初めて議論ができるようになります。これはプライベートでも同じです。もちろん、ただ伝えるだけでなく、こちらも相手の意見を理解し、尊重したうえでコミュニケーションを取るようにいつも心がけています。それによって、新しい視点から物事を見るきっかけを得たことが何度もありました。海外営業では、特に率直な意見交換と、情報の共有が重要だといつも感じています。相手の意向もくみ取りながら松山油脂らしさを保つために、スムーズなコミュニケーションをとっていければと思っています。

マイルドクレンズ

メイク落としとして使うときは、3~4プッシュ分を乾いた手に取り、肌にくるくるとなじませます。洗顔で使う時には適量の水を加えてよく泡立ててください。泡立てネットが便利です。すすぎはたっぷりのぬるま湯で。使用量にもよるのですが、メイク落としも洗顔も、5~10回を目安にすすいでいただくと、汚れも洗浄成分もきれいに洗い流すことができます。

過去のイチオシ一覧