会社概要

  • 社名

    松山油脂株式会社 Matsuyama Co.,Ltd.

  • 所在地

    • 本社

      〒131-0042

      東京都墨田区東墨田2丁目17番8号

      • Phone.03-3613-1334
      • Fax.03-3619-1358

      [地図]

    • 墨田工場

      〒131-0042

      東京都墨田区東墨田2丁目17番8号

      • Phone.03-3613-1334
      • Fax.03-3619-1358

      [地図]

    • 富士河口湖工場・ファクトリーショップ

      〒401-0301

      山梨県南都留郡富士河口湖町
      船津6662番地13

      • Phone.0555-72-6887
      • Fax.0555-72-6889

      [地図]

    • 山梨物流センター

      〒401-0301

      山梨県南都留郡富士河口湖町
      船津6073番地1

      • Phone.0555-72-6760
      • Fax.0555-72-6761

      [地図]

    • 富士北麓ラボラトリー

      〒401-0301

      山梨県南都留郡富士河口湖町
      船津6073番地1

      • Phone.0555-72-6887
      • Fax.0555-72-6889

      [地図]

    • 山神果樹薬草園

      〒771-4101

      徳島県名東郡佐那河内村
      下字山神43番地2

      • Phone.088-679-2277
      • Fax.088-679-2278

      [地図]

  • 設立年月日

    1930年6月27日(創業1908年)

  • 資本金

    18,000,000円

  • 代表者

    代表取締役社長 松山剛己(まつやま つよし)

  • 売上高

    4,164,411千円(2020年3月期)

  • 従業員数

    316名(2020年4月1日現在正社員289名・準社員13名・パート社員12名・嘱託社員2名)

  • 事業内容

    透明石けん及び化粧石けん製造販売 / スキンケア化粧品製造販売

  • 商品構成

    透明石けん(7%) / 化粧石けん(4%)
    ヘアケア・ボディケア(54%)
    スキンケア(32%) / その他(3%)

  • 取引銀行

    • 三菱UFJ銀行押上支店
    • 東京東信用金庫吾嬬支店
    • 山梨中央銀行河口湖支店
    • 日本政策金融公庫東京支店
  • 組織体制

    • 代表取締役社長

      松山 剛己

    • 墨田工場工場長

      下島 潤

    • 富士河口湖工場工場長

      千葉 和将

    • 生産管理部長

      滝沢 大介

    • 研究開発部長

      山崎 博子

    • 品質保証部長

      新海 弥

    • 営業企画部長

      鈴木 美佐枝

    • 総務経理部長

      滝沢 大介(兼任)

  • 関連会社

    MARKS&WEB

  • 企業理念
    • For Daily Wellness

      松山油脂は1908年に創業し、1946年から石けんを、1997年からはスキンケア製品も企画開発し、
      製造販売を行なってきました。私たちがつくる日用品(デイリープロダクト)の多くは、
      日本国内で使われていますが、今後は国内にとどまらず、
      「日本と世界の人々のデイリーウエルネスに貢献する」ことを目的に、価値ある製品を提案し、
      市場におけるスモールリーディングカンパニーを目指します。

      私たちの考えるデイリーウエルネスは、「心身のすこやかさと日常の豊かさ」が基本です。
      モノづくりを通して、つくり手である私たちから、つかい手であるお客様へと広がり、
      ひいては、取引先と地域社会の継続的な発展、さらには、
      「地球環境のすこやかさと豊かさ」にもつながっていきます。

      理念を形にするため、まず私たち自身がウエルネスでありたいと思います。
      つくり手として、生活者として、「心身のすこやかさと日常の豊かさ」とは何かを考え、実践します。
      そのために、松山油脂は、人を育て輝かせ、スタッフの成長を後押しすること、
      そして、他者への信頼と感謝、創意工夫と仲間との共創を軸に、
      企業価値を高めると共に、さまざまな社会課題の解決に努力することを約束します。

      「日本と世界の人々のデイリーウエルネスに貢献する」。この目的に向かって私たちは挑戦を続けます。

      For Daily Wellness

      松山油脂は1908年に創業し、1946年から石けんを、1997年からはスキンケア製品も企画開発し、製造販売を行なってきました。私たちがつる日用品(デイリープロダクト)の多くは、日本国内で使われていますが、今後は国内にとどまらず、「日本と世界の人々のデイリーウエルネスに貢献する」ことを目的に、価値ある製品を提案し、市場 におけるスモールリーディングカンパニーを目指します。

      私たちの考えるデイリーウエルネスは、「心身のすこやかさと日常の豊かさ」が基本です。モノづくりを通して、つくり手である私たちから、つかい手であるお客様へと広がり、ひいては、取引先と地域社会の継続的な発展、さらには、「地球環境のすこやかさと豊かさ」にもつながっていきます。

      理念を形にするため、まず私たち自身がウエルネスでありたいと思います。つくり手として、生活者として、「心身のすこやかさと日常の豊かさ」とは何かを考え、実践します。そのために、松山油脂は、人を育て輝かせ、スタッフの成長を後押しすること、そして、他者への信頼と感謝、創意工夫と仲間との共創を軸に、企業価値を高めると共に、さまざまな社会課題の解決に努力することを約束します。

      「日本と世界の人々のデイリーウエルネスに貢献する」。この目的に向かって私たちは挑戦を続けます。

  • 沿革
    • 1908年

      松山政吉が福井県勝山市から上京し、松山政吉商店創業
      吾嬬町にて雑貨商として事業開始

    • 1930年

      松山主計が石炭商社として、合名会社松山主計商店設立

    • 1942年

      戦中の石炭統制により、石炭事業縮小

    • 1946年

      終戦直後から、固形石けん生産開始
      松山長兵衛が贈答品市場に進出、石けん事業を拡大する

    • 1948年

      松山油脂合名会社に商号変更

    • 1958年

      松山光、松山油脂合名会社入社

    • 1964年

      松山化学株式会社(松山油脂の子会社)廃業
      松山油脂合名会社、石けん事業を再開する
      洗濯用固形石けんと浴用固形石けんを問屋流通で販売する

    • 1974年

      松山光、代表社員社長就任
      オイルショックに伴う需要拡大と生産性向上から業績伸長
      積極的な設備投資を進め、東京墨田工場の基礎が完成する

    • 1975年

      花王透明石けん「SOFINA」生産開始
      石けん事業をOEM(受託製造)事業に特化する

    • 1985年

      花王から生産設備を購入し、「花王枠練石けん」生産開始
      機械練りから枠練り、透明石けんまで生産できる体制に

    • 1994年

      松山剛己、松山油脂合名会社入社

    • 1995年

      自社ブランド「Mマークシリーズ」発売
      「無添加せっけん」(はじめての自社ブランド)発売

    • 1996年

      「シソの葉ハンドソープ」(はじめての液体石けん)発売

    • 1997年

      「COMFARMシリーズ」(はじめてのスキンケア)発売

    • 2000年

      松山剛己、代表社員社長就任
      関連会社 株式会社マークスアンドウェブ設立

    • 2002年

      松山油脂合名会社から松山油脂株式会社に組織変更
      関連会社MARKS&WEBのはじめての直営店、丸ビルショップオープン

    • 2005年

      「肌をうるおす保湿スキンケアシリーズ」発売
      「LEAF&BOTANICSシリーズ」発売
      「GOODY シリーズ」発売

    • 2006年

      山梨県富士河口湖町に、富士河口湖工場竣工

    • 2007年

      「肌にやわらか柔軟スキンケアシリーズ」(はじめての医薬部外品)発売

    • 2008年

      富士河口湖工場スキンケア棟ならびに物流センター竣工
      「Millennium Mother Series」発売

    • 2009年

      関連会社 株式会社北麓草水社 設立
      有用植物栽培、化粧品原料製造に着手

    • 2010年

      東京墨田工場改修工事完了、交流棟竣工
      「肌を清潔にするメンズシリーズ」発売

    • 2012年

      関連会社北麓草水のはじめての直営店 北麓草水青山店をオープン
      山梨県富士吉田市に、富士吉田工場開設
      「LEAF&BOTANICS アサイー」発売
      「LEAF&BOTANICS 純米酒」発売

    • 2013年

      「LEAF&BOTANICS カロット」発売
      松山油脂ウェブサイト・オンラインストアリニューアル

    • 2015年

      本社社屋を建替
      「LEAF&BOTANICS カメリア」発売
      「LEAF&BOTANICS for Living」発売
      関連会社 株式会社GREENBOWL設立
      北麓草水社を吸収合併

    • 2016年

      関連会社GREENBOWLのはじめての直営店 恵比寿店をオープン

    • 2018年

      「Charmant ChouChou」発売
      徳島事業所開設
      株式会社GREENBOWLを吸収合併
      経済産業省「地域未来牽引企業」に選定される

    • 2019年

      山梨物流センター・富士北麓ラボラトリー開設

    • 2020年

      徳島県佐那河内村と包括連携協定を締結。「山神果樹薬草園」事業を本格化
      中小企業庁「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定される
      「HADAHUG」発売
      コーポレートサイトリニューアル

  • 2018年12月25日、地域の特性を生かして高い付加価値を創出し、地域の経済成長を力強く牽引する事業を展開していること、また今後もそれが期待される企業として経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定されました。

    2020年11月12日、越境ECによる積極的なアジア戦略、山神果樹薬草園の取り組み(徳島産の和柑橘を用いた産学官連携への挑戦)とその成果が評価されて、中小企業庁より「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定されました。