大切にしていること

松山油脂は、1908年、雑貨商として創業し、戦後すぐに石けんをつくりはじめました。当時の石けんは、「汚れが落ちればいい」「泡さえ立てばなんでもいい」というものだったようです。それから50年後の1995年、初めての自社ブランド「Mマークシリーズ」を発売しました。以来、油脂鹸化法(釜焚き製法)と脂肪酸中和法(透明石けんの製法)をコア技術としたモノづくりを続けています。泡立ちのよいボディソープ、地肌を清潔にするシャンプー、素肌を守る化粧水やクリーム。固形石けんにとどまらず、お客様の潜在的な期待に応えて、製品やブランドを拡充してきました。私たちの製品は、「肌に合うか」「刺激はないか」と、お客様が悩みながら選ぶものです。だから、洗浄料はすっきりと洗い流せて肌に残りません。スキンケアは肌に欠かせないものだけ、過不足がありません。洗うこと(WASH)と潤すこと(CARE)はいつもひとつ。私たちはそれを提供するウオッシュ&ケアカンパニーとして、お客様にとって新たなる価値を創造していきます。

  • 安全性と環境性、そして有用性の
    バランスのとれたモノづくり。

    デイリープロダクト(日常品)に求められる品質とは何か。私たち松山油脂は、安全性と環境性、そして有用性のバランスを満たすことだと考えています。有用性をしっかり保ちながら、安全性が高く、自然環境にも配慮した製品。そして、毎日使うたびに楽しくなるような心地よいデザインと、安心して使える価格。これらを満たす製品を企画・開発・製造してお客様のお手元に届けることが、私たちの仕事であると考えます。同時に私たちは、「自分が使いたい」「家族に胸を張って『自分がつくった』と言える製品をつくりたい」という気持ちも大切にしています。その気持ちは、確かな品質の製品として具現化しています。

  • 松山油脂の誇り、釜焚き製法。
    仕上がるまでに百時間。

    松山油脂では、ほとんどの石けんを、釜焚き製法でつくっています。昔ながらの石けんのつくり方で、釜で石けんを焚き上げることから「釜焚き製法」、または「鹸化塩析法」とも呼ばれます。「鹸化」とは、天然油脂がアルカリと反応して石けんになることです。松山油脂では、1回の鹸化で約5トンの固形石けんの素地をつくります。鹸化用の釜の直径は2メートルもあるのですが、鹸化釜としては小さな部類です。機械では計測しきれない、微妙で瞬時に変化する反応状態を目で見て確かめるためには、この大きさが最適な規模であると、松山油脂では考えています。鹸化の後は、天然塩を加えて石けんと不純物を分離させ、未鹸化物の反応を進める塩析・静置、さらに仕上げ塩析を行ない、刺激になる要素をできる限り取り除きます。原料を釜に仕込むところから、石けんとして仕上がるまでに百時間。この工程を担っている、松山油脂で最も古い作業場を、私たちは愛着を込めて「釜場」と呼んでいます。伝統の製法を守るスタッフとともに、釜場は松山油脂の誇りです。

  • 肌と自然にやさしい石けんは素材選びから。

    「松山油脂」の石けん素地は、98.0%の純石けん分と、1.2~1.7%のグリセリン、0.3~0.7%の食塩、0.3%以下の遊離アルカリ・不鹸化物でできています。洗い上がりのつっぱり感をやわらげるのがグリセリン。原料の天然油脂に含まれていて、石けん素地に溶け込んでいます。私たちは、この石けん素地に天然精油や植物エキス、植物末、天然色素などを配合した石けんをいくつもつくっています。紫外線や温度で変化しやすい素材ではありますが、ほんのりと広がる香りや、植物を思い出させる色を生み出してくれます。毎日肌に触れるものだから、使う人の心までが自然に、おだやかになれるものを。そう考えて素材を選んでいます。

  • 目視できる作業を大切に、
    品質に対するまなざしを深めています。

    松山油脂がつくるすべての製品は、幾度かの中間品検査と最終品検査、出荷直前まで続けられる検品により、品質が保証されます。釜で焚く、乾燥・熟成させて成型する。昔ながらの石けんづくりは、想像力と、一見単純な作業の丹念な繰り返しです。石けん以外の製品も標準書に従って、原料を投入し、混合する、乳化する、充填する、包装する、箱に詰める。そして記録する。どの作業でも機械は補助役にすぎません。スタッフひとりひとりが主体的にモノづくりに携わり、自分の手を動かしながら、製品が規格に合っているか、目を光らせています。キメの細かい工程管理が可能な、少量生産を続けているのは、遠回りのように感じられても、お客様にご満足いただける製品をつくるためには、それが一番の近道であると知っているから。品質は、常に私たちの最優先事項です。すべてのスタッフが、自社製品の品質に責任をもち、常にお客様と同じ視点で、製品や自分の仕事を見つめなおすことを心がけています。品質は、スタッフ全員の意識の総和であると考えます。

  • 距離120km、標高差1000m。
    石けんの町から、富士山の麓へ。

    松山油脂には東京都墨田区と山梨県富士河口湖町に、ふたつの自社工場があります。天然の油脂と苛性ソーダ、苛性カリを釜でぐつぐつと焚き込み、固形や液体の石けん素地をつくっているのが墨田工場。枠練り製法やクーリングプレスといった伝統的な製法を受け継いでいるのも、古くからの石けんの町にある墨田工場です。乾燥された石けん素地は、富士山の北麓にある富士河口湖工場へと運ばれます。天然精油や植物エキス、植物末などが丹念に混合された後しっかりと練り上げられ、ひとつひとつ型打ちされて成型、包装されて最終製品となります。化粧水やクリームなどのスキンケアをつくっているのも富士河口湖工場です。ふたつの工場の距離は120km、標高差1000m。離れていても息の合った連携作業とチームワークから、今日もボディケア、ヘアケア、スキンケア、デイリーケアの各製品が生まれています。

  • 社会への貢献は、まず身近なところから。

    松山油脂では、近隣の中学校からの職場体験を受け入れています。初めは乗り気ではないような生徒たちが、日を追うごとに明るく大きな声で挨拶をし、目を輝かせて体験作業に取り組んでくれるようになります。それほど人を引き付けるものが、モノづくりの現場には、ある。この実感から、松山油脂では、一般の方にも工場見学に来ていただけるようにしました。専用の見学ルートはありませんが、その分、製品ができる過程を間近で見ることができます。私たちは、お客様に直接お会いする機会がほとんどありませんから、見学に来ていただくことは励みです。それが、いつ、誰に見られても恥ずかしくない、隠しごとのないモノづくりをしようという意欲を高めます。生業に誠実であること。基本的ではありますが、松山油脂が最も大切にしている、社会とのつながり方です。ほかにも、新興国学生のインターンシップ受け入れ、工場近くの荒川河川敷や富士山旧登山道の清掃、工場のある地域の社会福祉施設への製品提供など、できることをひとつずつ積み重ねています。