わたしのイチオシ

2021.07.15

HADAHUG
全身泡せっけん

生産部 鈴木陽子

赤ちゃんにやさしいものは、大人にもやさしい

Q. どんなところがイチオシですか。

鈴木:

肌がつっぱらない、しっとりした使用感です。赤ちゃん向けですが、肌が敏感な方におすすめしたいと思います。マスク生活で肌荒れを起こしてしまい、「とにかく肌にやさしいものを」と思って使い始めたのですが、泡がふっくらしているので、ゴシゴシこする必要がなく、刺激が最小限で済んだように感じました。「赤ちゃんにやさしいものは、大人にもやさしい」と聞きますが、本当にその通りだな、と思いました。仕事柄、他社製品も交えて、なるべく色々な石けんを使ってみるようにしているのですが、自社製品ということを差し引いても、ダントツでおすすめです。

Q. 普段はどんな仕事をしていますか。

鈴木:

生産部に所属し、墨田工場で働いています。この春から、釜焚き製法での石けん素地の製造を担当するようになりました。釜焚き製法の最大のポイントは、天然油脂と苛性ソーダを混ぜて反応させる「鹸化」です。鹸化中は、反応熱によって釜の中の温度が100℃近くまで上がります。反応の仕方も毎回異なるため、工程の管理がとても難しいのです。蒸気がもうもうと上がる釜場は、夏の室温が40℃になることもあります。そんな大変な面もある一方、職人技とも言えるような、誇らしくやりがいのある仕事でもあります。モノづくりをしたいと思って入社した、自分の性分に合っていると思います。

Q. 仕事をするうえで大切にしていることを教えてください。

鈴木:

感謝の気持ちを忘れないことです。仕事は一人ではできません。協力し合うことが必要です。その時に感謝の言葉は何よりも励みになります。自信にもつながります。私がここまで続けてこられたことも、数多くの業務を覚えられたことも、先輩後輩、同僚の協力があったからです。それは日々の業務で実感しています。これからも感謝を忘れず、恩返し、と言ったら大げさかもしれませんが、仕事でお返しができるよう、技術の習得に努めたいと思います。

全身泡せっけん

バリア機能が未発達な赤ちゃんの肌のためにつくりました。主成分である石けんは弱アルカリで、過剰な皮脂や汚れなど、酸性物質に効果的に作用します。また、汚れと混じり合うと洗浄効力がなくなるため、すすぎが早く、洗浄成分が肌に残りにくいのが特長です。

過去のイチオシ一覧