MATSUYAMAMATSUYAMA

石けんについて

よくあるご質問

石けんについて

原料・成分、製法や使い方。一般的な特長も。

  • Q:釜焚き製法とは何のことですか。 A:石けんのつくり方のことです。釜で石けんを焚き上げることから「釜焚き製法」、または「鹸化塩析法」とも呼ばれます。精製した原料油脂を釜に仕込み、 加熱撹拌しながら苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)水溶液を加えていくと、油脂が脂肪酸とグリセリンに分かれます。脂肪酸は苛性ソーダと化合して脂肪酸ナト リウム(石けん)になります。これが「鹸化(けんか)」という工程です。次に塩を加えると、釜の中の液は分離して、下層部には石けん分以外の成分が塩とともに沈み、上層部には石けん分が浮上します(この工程を「塩析えんせき」といいます)。塩析を繰り返し、純度の高い石けん(石けん素地)に仕上げます。 釜焚き製法は、古くから行われてきた石けんのつくり方です。
    釜焚き製法
  • Q:釜焚き製法でつくった石けんの特長を教えてください。 A:原料の天然油脂がもともともっている天然保湿成分グリセリンが、石けん素地のなかにほどよく残っていることです。肌を保護している皮脂膜を取り過ぎることがなく、洗浄後のつっぱり感や乾燥を軽減します。また、洗浄成分は石けん分のみで、すすいでしまえば、汚れや老廃物だけでなく洗浄成分も肌に一切残りません。何度すすいでも肌がぬるぬるする、ということがない、さっぱりとした洗い上がりになります。
  • Q:「機械練り製法」と「枠練り製法」の違いを教えてください。 A:機械練り製法の石けんは、汲み上げた石けん素地を機械を使って短時間で乾燥・混合・練成して仕上げます。一方の枠練り石けんは、液状の石けんを枠に流し込み、冷やし固めて裁断してから、最長で60日間ほど乾燥させて仕上げます。機械練り石けんには、やや割れやすく溶けやすいという性質がありますが、安価でご提供できる利点があります。枠練り石けんは、乾燥・熟成期間中に水分などが揮発して結晶が密になるので、割れにくく、溶けくずれしにくい石けんになります。とくに透明石けんは、乾燥・熟成期間中に硬い石けんに変わり透明度が高まっていきます。
    機械練り製法枠練り製法
  • Q:「無添加せっけん」の「無添加」の意味を教えてください。 A:合成界面活性剤・鉱物油・香料・着色料・防腐剤を添加(配合)していない、という意味です。「無添加せっけん」は、昔ながらの釜焚き製法で焚き上げた石けん素地(石けんそのもののこと)に、大豆から抽出した天然ビタミンE(表示名称:トコフェロール、酸化防止剤)のみを配合しています。
  • Q:「無添加せっけん」は防腐剤も無添加ですが、品質に問題はないのでしょうか。 A: 「無添加せっけん」をはじめ、松山油脂の固形石けんのpH値は10.0~11.0です。モノが腐るのは微生物の繁殖が原因ですが、一般微生物の発生・生育が可能なpH値は3.0~10.0です。防腐剤を添加しなくても固形石けんが腐らないのは、pH値が10.0以上あるためです。
  • Q:「無添加せっけん」で洗髪することはできますか。 A: 「無添加せっけん」をはじめ、松山油脂の固形石けんは洗髪にも使えます。ただし、石けん特有のきしみ・ごわつきが感じられる場合があります。とくに、石けんで初めて洗髪される方は、合成系のシャンプーとは異なる使用感に違和感を覚えられることが多いようです。固形石けんと液体のシャンプーでは形状は異なりますが、コツは同じです。
    石けんシャンプーの使い方のコツ
  • Q:一部の石けんに「エチドロン酸4Na」が配合されているのはどうしてですか。 A:エチドロン酸4Naは、松山油脂では、固形石けんに金属イオン封鎖剤として配合している成分です。石けんは、原料の一部である水や、石けんをつくるときに使われる器具によって金属イオンを含みます(金属そのものではなく、あくまで金属イオンです)。金属イオンは、時間の経過とともに、徐々に石けんの色や匂いを劣化させていきます。それを防ぐための成分として配合しているのが、エチドロン酸4Naです。例えば、リーフ&ボタニクスの「マザーソープ」には、ハーブの素材感を香りや見た目の面からも楽しめるように、天然精油やハーブの粉末を配合したり、色付けをしている製品があります。このような製品特長が、どのような環境でも損なわれないようにするために、エチドロン酸4Naを配合しています。エチドロン酸4Naという物質が、肌質や体質の関係から、お肌に合わない方もゼロではないと思われますが、それは、他の成分と同等です。松山油脂でも、「エチドロン酸4Naが原因で肌にトラブルが出た」というご意見等をいただいたことはありません。2001年の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)改正以降、化粧品原料の許可制は撤廃され、原則として、メーカーの裁量によって化粧品原料を使用することができるようになりました。また、それに伴い、化粧品原料にネガティブリストとポジティブリストが導入されました。ネガティブリストでは、化粧品原料として使用してはいけない物質が定められています。また、ポジティブリストでは、化粧品原料として使用してもよいが配合量(率)の上限のある物質が定められています。エチドロン酸4Naは、ネガティブリスト・ポジティブリストのいずれにも収載されていません。これらのことから、松山油脂では、エチドロン酸4Naを、化粧品原料としての安全性を有する原料であると考えています。ただし、松山油脂では、従来余計な成分をできる限り使用しないモノづくりをしているので、エチドロン酸4Naも、製品仕様上必要な場合に限り、最小限使用しています。
  • Q:石けんが「肌と環境にやさしい」といわれるのはどうしてですか。 A:石けんは、水に含まれるミネラル分(カルシウム、マグネシウム)と結びつき、洗浄力のない石けんカス(金属石けん)になります。泡立てて使っている最中も一部は石けんカスになり、すすぎのときに大量の水と出合うと、すべて石けんカスになります。一方、一般的な合成界面活性剤にはこのような性質はなく、 100%洗浄力を発揮します。すすぎによって素早く洗浄力を失うということは、肌への刺激になる要素を容易に失うということでもあります。また、石けんカスは仮に排水としてそのまま河川に流れても、最長2週間で微生物により水と二酸化炭素に最終分解されます。自然環境へ過大な負荷をかけることがありません。石けんが肌と環境にやさしい洗浄料であるのは、このような理由です。
  • Q:石けんを「熟成させる」とはどういうことですか。 A: 乾燥過程で起こる、石けん内部の結晶形の変化と、水分などの揮発によって起こる石けんの変化を、「熟成」と言い表しています。地中海地方で伝統的につくられているオリーブ油の石けんは、長いもので1年もの自然乾燥期間を経ています。これは、オリーブ油中の大半を占めるオレイン酸が、固形の脂肪酸ではなく、融点の低い液状の脂肪酸であるため、じっくり熟成させないと石けんが硬くならないためです。
  • Q:弱酸性が肌によいと聞きます。石けんは弱アルカリ性ということですが心配はありませんか。 A:心配ありません。肌には、汗や皮脂の分泌によって自然に弱酸性に戻る性質(中和能)があります。さらに、弱酸性の化粧水(市販の化粧水はほとんどが弱酸性です)を使うことでも、肌はすみやかに弱酸性に戻ります。ちなみに、日本の温泉の大多数は中性~弱アルカリ性です。弱アルカリ性成分は、肌の表面に付着した古い角質や過酸化脂質を、やわらかくする・落としやすくする働きをします。温泉に入ると肌がすべすべになり、角質層の新陳代謝が促されるのはこのためです。
  • Q:石けんは、なぜすすぎが早いのですか。 A:水に含まれるカルシウムなどのミネラル分と結びつき、石けんカス(金属石けん)になり、洗浄力を失うためです。石けんは脂肪酸とナトリウムが結合した脂肪酸ナトリウムという物質です(液体石けんは脂肪酸カリウム)。石けんカスは水に溶けず、洗浄力はありません。石けんのすすぎが早く、さっぱりとした感触が得られるのはこのためです。また、すすぎによって素早く洗浄力を失うということは、肌への刺激になる要素を容易に失うということでもあります。
  • Q:浴用(洗顔用)・台所用・洗濯用と、石けんの種類が分かれているのはなぜでしょうか。 A:同じ洗浄料でも、身体を洗うものは化粧品として、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)の、衣類や家具など身体以外のものを洗うものは、洗剤として家庭用品品質表示法(産業経済省管轄)の規制を受け、表示方法等など、それぞれの法律に則った形式になっているためです。
  • Q:透明石けんを浴室に置いていると、やわらかくなってしまうのはどうしてですか。 A:透明石けんには、洗浄力をマイルドにしてつっぱり感を軽減するための成分として、グリセリンを配合しています。グリセリンはもともと保湿成分であり、湿気を吸いやすい性質があります。そのため、浴室など湿度の高い場所や、水をかぶる場所に置いておくと、水を吸ってやわらかくなってしまいます。使用後は水気をよく切り、風通しのよい場所で保管していただくと、最後までやわらかくならずに使えます。
  • Q:石けんでメイクは落ちますか。 A: 「釜焚き枠練りせっけん」などの固形石けんは、ほとんどのメイクをきれいに落とすことができます。石けんには、水と油を混じり合わせる界面活性作用があります。そのため、主成分が油分であるメイクも、石けんで十分に落とすことができるのです。石けんはたっぷり泡立てて使います。すすぎはたっぷりのぬるま湯でていねいに行なってください。ただし、水に強いウォータープルーフファンデーションや油分の多いマスカラなど、石けんでは落としきれないメイクもあります。そのような場合は、クレンジング剤をお使いください。
  • Q:アトピーでも使える石けんはどれですか。 A:残念ながら、アトピー性皮膚炎の症状など、肌にトラブルが発生しているときにおすすめできる石けん、化粧品はありません。肌にトラブルが発生しているときは、松山油脂製品に限らず、化粧品はすべて刺激になってしまう可能性があるので、使用を控えていただく必要があるからです。あるいは、皮膚科専門医に、化粧品の使い方などについて注意を受けることが必要な場合もあります。ただし、症状が出ておらず、肌の状態が比較的落ち着いているときであれば、お試しいただくことも可能かと思います。スキンケア製品には、お試しサイズのトライアルセットをご用意しています。日頃から肌が敏感な方は、まずはサンプルやトライアルセットにて、肌との相性や使い心地をお試しください。
  • Q:「枠練りリサイクルせっけん」は身体に使えますか。 A:身体用としては使えません。台所用としてお使いください。松山油脂では毎日たくさんの石けんをつくっています。その石けんの大部分は、「化粧石けん」と呼ばれる、顔・身体用の固形石けんです。なかには、キズや変形などのために、最終製品にならない石けんができてしまいます。それらを集めてブレンドし、釜で焚きなおしてつくったのが「枠練りリサイクルせっけん」です。もとは身体を洗う石けんでも、ブレンドしてつくりなおしてしまうと、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)の規制により残念ながら化粧石けんとして販売することはできません。そこで、化粧石けんと同じ原料を使用した石けんながら、用途は食器・ふきん洗いを目的とした「台所用」としています。
  • Q:「台所用液体せっけん」の上手な使い方を教えてください。 A:下記の使い方をお試しください。
    (1) 肉や魚の油汚れは布切れ・新聞紙等で汚れを拭き取ります。ゴムべらを使うと汚れが落としやすいことが多いようです。いずれの汚れも可燃ゴミとして処理します。
    (2) 洗うものを水やお湯でかるくすすぎます。
    (3) 濡らしたスポンジに石けんをつけ、よく泡立てます。
    (4) 流水ですすぎます。 石けんには水と混ざると、抱き込んだ汚れを離すという性質もあります。洗い桶の中に、石けんで洗った食器をいくつも入れて溜めすすぎをすると、汚れや石けんカスがほかの食器に付着してしまいます。汚れの再付着や石けんカスの付着を防ぐためには、すすぎは流水で行なってください。石けんで洗った直後、泡がついたままの食器はできるだけ水から遠ざけておくと、その段階での汚れの再付着・石けんカスの生成を防ぐことができます。また、熱めのお湯ですすぐことも、汚れ・石けんカスの付着防止には効果的で、よりすっきりと洗い上げることができます。
  • Q:「洗濯用液体せっけん」と「洗濯用粉せっけん」の違いを教えてください。 A: 「洗濯用液体せっけん」の特長は、冷水でも溶け残ることがなく泡立ちやすい、ということです。一方の「洗濯用粉せっけん」は、冷水では溶け残りやすいのですが、お風呂の残り湯程度のぬるま湯(20℃~30℃)からよく溶けて洗浄力を発揮します。また、洗濯液をアルカリ性に保つアルカリ助剤や、ミネラル分と結びついて石けんの洗浄力を高める水軟化剤を配合しているため、「洗濯用液体せっけん」よりも少量で、汚れをよく落とします。このような性質を踏まえ、松山油脂では、洗濯機での日常着を洗濯する場合で、20℃以上のぬるま湯を使える(粉石けんがよく溶ける水温)場合は、洗浄力と経済性の面から「洗濯用粉せっけん」を、冷水しか使えない場合や、手洗いの場合には「洗濯用液体せっけん」をおすすめしています。なお、いずれの製品にも標準使用量を明記しておりますが、洗濯物の汚れ具合や水の硬度に応じて、最適な使用量は若干異なります。適正な使用量かどうかは、水(ぬるま湯)に石けんを投入して洗濯槽をまわした後、水面上まで泡がモコモコと立つことが目安になります。また、洗濯の途中で泡がすべて消えてしまった場合は、汚れに対して石けんが少なかったということになりますので、「洗濯用液体せっけん」を15~30mL程度石けんを足し、泡が立っている状態で洗濯してください。
  • Q:「洗濯用液体せっけん」と「洗濯用粉せっけん」はウールやシルクを洗えますか? A:「洗濯用液体せっけん」「洗濯用粉せっけん」の用途は、綿・麻・レーヨン・合成繊維です。石けんは、弱アルカリ性洗浄料であるため、ウール・シルク用の中性洗剤とは、用途や適性が異なります。ただし、「洗濯用液体せっけん」であれば、次の点に注意していただくことで、ふだん着のウール製品を洗濯できる場合もあります。なお、ウールの素材や編み方など、製品それぞれ特性によっては、どんなに気を付けても、石けんでの洗濯、または水洗いによってもとの風合いが損なわれたり、縮み・フェルト化が起こる場合があります。下記で、「洗濯用液体せっけん」での洗い方をご紹介してはいますが、大切な衣類や高価なおしゃれ着など、本来の風合いや形を保ちたい衣類の場合、「洗濯用液体せっけん」も使わないでください。また、ふだん着でも、基本的には衣類の洗濯表示に従ってお手入れしていただくことを強くおすすめします。
    (1) 縮みやフェルト化の原因になるので、洗濯からすすぎまで、高温のお湯は使わない。水温を一定に保つ。
    (2) 水に浸っている時間をなるべく少なくする。
    (3) 色移りを避けるため、同系色以外のものは一緒に洗わない。
    (4) 繊維のよじれやフェルト化を防ぐため、石けんをよく泡立てて手早く押し洗いする。すすぎ、絞りのときまで、ねじったりこすったりしない。
    (5) 穴やほつれはきちんとふさいでから洗う(広がりを防ぎます)
    ※シルクは黄ばんだり風合いが損なわれたりするので、ふだん着でも石けんでの洗濯はおすすめできません。
  • Q:「洗濯用粉せっけん」「洗濯用液体せっけん」は、ドラム式洗濯機でも使えますか。 A:松山油脂の「洗濯用粉せっけん」「洗濯用液体せっけん」は、経験上、ドラム式洗濯機でも使えます。ただし、使い方によっては、粉石けん・液体石けんとも詰まって、水漏れや故障の原因になることがあります。このことから、一般的に洗濯機のメーカーは、「ドラム式洗濯機では、粉石けんは使わないでください」と注意喚起をされています。また、液体石けんでも、使用上の注意喚起がなされております。下記の使い方も、あくまでも私たちの経験によるものです。全メーカーの機種で試しているわけではないため、石けんとの相性が極端に悪い機種もあるかもしれません。また、機種によっては、洗剤投入口以外の部分でも詰まりや水漏れ、故障の原因になることが考えられます。ドラム式洗濯機で粉石けん・液体石けんをお使いになる前に、洗濯機の取扱説明書にてよくお確かめください。また、下記で使い方をご紹介していますが、難しいと感じられる場合は、粉石けん・液体石けんではなく、洗濯機メーカーが推奨されている洗剤をお使いになることを強くおすすめします。
    ■ドラム式洗濯機での使い方
    (1) 粉石けんは、洗剤投入口からは入れない まず、ドラム内に洗濯物を入れ、その上にパラパラとまんべんなく、粉石けんを振りかけます。粉石けんが固まっていたら、必ずほぐしてから振りかけてください。また、洗剤投入口から入れると中が詰まり、水漏れや故障の原因になります。絶対に洗剤投入口からは入れず、必ず衣類に直接振りかけてください。
    (2) 液体石けんを入れた後は、必ず、すぐにお湯を流す。 液体石けんは洗剤投入口から入れることができます。ただし、液体石けんを流し入れただけでは、粉石けん同様に詰まって、水漏れや故障の原因になります。液体石けんを洗剤投入口から流し入れた後は、必ず、すぐにお湯(30℃程度のぬるま湯)も流し入れ、中をすすいでください。なお、粉石けん同様、直接衣類にかけても使えます。
    (3) 石けんの量は少なめにする。 粉石けんや液体石けんの容器には標準使用量を記していますが、これは、二槽式・全自動洗濯機用の、水の量に対する使用量です。ドラム式洗濯機では水の使用量が大変少なく、洗剤の量は、衣類の量や汚れ具合に合わせる必要があります。また、ドラム式の場合、泡が多すぎると泡消し機能が働いて注水されたり、自動排水されてしまいます。そのため、粉石けんや液体石けんの量は、洗濯物の量や汚れ具合に合わせて、ご自身で見極めていただく必要があります。最初は少なめに入れ、回転が始まってしばらくたっても泡が立たない場合は、洗剤投入口から、液体石けんを足していただくとよいかと思います(その後は必ずお湯も流し入れてください)
    (4) 洗濯と1回目のすすぎにはお湯を使う 粉石けんは溶け残りしやすいので、洗濯には必ず30℃以上のお湯をお使いください。1回目のすすぎにもお湯を使うこと、すすぎは注水式で、3回行なうのがおすすめです。黒など濃色の衣類には、石けんカスが白く残ってしまうことがあります。このような場合は、石けんの量が多かったことが考えられるので、次回は石けん量を少し減らしてみてください。また、白残りが目立つ場合は、再度すすぎのみ行なってください。 繰り返しになりますが、使い方によっては、粉石けん・液体石けんとも詰まって、水漏れや故障の原因になることがあります。このことから、一般的に洗濯機のメーカーは、「ドラム式洗濯機では、粉石けんは使わないでください」と注意喚起をされています。また、液体石けんでも、使用上の注意喚起がなされております。上記の使い方も、あくまでも私たちの経験によるものです。全メーカーの機種で試しているわけではないため、石けんとの相性が極端に悪い機種もあるかもしれません。また、機種によっては、洗剤投入口以外の部分でも詰まりや水漏れ、故障の原因になることが考えられます。
    ドラム式洗濯機で粉石けん・液体石けんをお使いになる前に、洗濯機の取扱説明書にてよくお確かめください。また、難しいと感じられる場合は、粉石けん・液体石けんではなく、洗濯機メーカーが推奨されている洗剤をお使いになることを強くおすすめします。
  • Q:「洗濯用粉せっけん」の上手な使い方を教えてください。 A:下記の使い方をお試しください。
    (1) 石けんは水によく溶け込んで泡立った状態のときに、本来の高い洗浄力を発揮します。お風呂の残り湯程度のぬるま湯(20℃~30℃)でよく溶かし、泡立ててから使います。
    (2) 洗濯槽にぬるま湯を低く張り、まわしながら「洗濯用粉せっけん」を振り入れます。そのまま2分ほどまわし、十分泡立ってから、規定量までぬるま湯を加えます。
    (3) 洗濯物の量が多すぎると洗いむらができやすく、黄ばみやにおいの原因になります。量は控えめに、8分目程度にすると洗濯槽もよく回転し、石けん分が行き渡ります。
    (4) 汚れに対し石けんの量が少ないと泡が消えてしまいます。この状態では汚れはしっかり落ちません。後から加えても溶け残る心配のない「洗濯用液体せっけん」を1/4カップ(50mL)ほど足して泡立ちを確認します。
    (5) 流水すすぎをします。衣類から離れた石けんカスの再付着を防ぐのに効果的です。流水の量は少なめで構いません。表面に浮き上がった石けんカスが流れるよう調節します。
    (6) 脱水が終わった洗濯物はすぐに干してください。日光と風に当てることで、においと黄ばみを防ぎます。また、洗濯槽内のカビ防止のため、ふたを開けて洗濯機内を乾燥させてください。
  • Q:バスソルトやシュガー、バスエッセンス使用後の残り湯は洗濯に使えますか。 A:残り湯は洗濯にもご使用いただけますが、白物やおしゃれ着などの洗濯、またすすぎには使用しないでください。また、残り湯に衣類を入れたまま長時間の放置はお控えください。
  • Q:柔軟仕上げ剤を使ってもよいですか。 A:使っても問題はありませんが、石けんで洗濯すると、柔軟仕上剤なしでもふんわりした洗い上がりになります。柔軟仕上剤は不要です。
backtotop